スポンサーリンク

こんにちは、Yutoです。

今回は大阪の玄関口である大阪駅・梅田エリアの撮影スポットの紹介をしていきます。
基本的には駅周りを散歩したらかなり撮影が楽しめます。
実際に大阪駅散歩しながら写真教室をやったりもしています。そのぐらい梅田エリアは色々撮れます。

大阪駅・梅田駅

Sony α7II + FE 12-24mm F4 G

大阪駅といえばなんといっても特徴的なこの天井。
駅のホームもコンコースも吹き抜けで全部同じ空間になっててめちゃくちゃフォトジェニックです。
大阪駅内を散歩するだけで1日使えてしまいます。
疲れたら蔦屋と併設されているスタバにいけば疲れを吹っ飛ばせます。席によっては充電もできてしまいます。

Sony α7II + FE 12-24mm F4 G

大阪駅の外も面白いですよ。
とにかく横断歩道や鉄道や高層ビルなど都会的要素満載の場所なので、飽きが来ないというのが大阪駅周りの面白さですね。

ところで、2019年10月1日より、阪急梅田駅が大阪梅田駅に名称変更となりました。
理由は大阪駅と梅田駅が乱立していてわかりにくいとのことだったそうです。
僕も大阪に慣れていないころは大阪駅と梅田駅が同じと思っていなくて、このブログでも大阪駅・梅田駅とわけて書いていましたが、ちゃんと対策がされたんですね。

阪神前交差点

Sony α7II + FE 12-24mm F4 G

これも大阪駅からすぐのところです。
阪神梅田駅の前にある交差点ですね。広い交差点なので車の光跡が綺麗に残ります。
交差点が狭いと途中で車が停まってしまって中途半端な光跡になるので意外と撮る場所を選ぶんです。
阪神交差点は広いのでビュンビュンです。信号のリズムも良いのでしょう。

この写真は30秒のものを5枚合成しています。

梅田駅前第三ビル

Sony α7II + FE 12-24mm F4 G

高層ビルに囲まれた展望台です。
奥行き感ある都市風景がたまりません。高層ビル群を間近で見られる展望台は全国で見ても珍しいです。しかもここは無料展望台です。

展望台内は電球が多いです。床も赤色なので窓に反射すると目立つので、反射を防止する対策が必要になります。暗幕があれば良いのですが、ない場合は黒色や濃い色の羽織りものがあれば反射を防ぐのに便利です。

うめきた広場

Sony α7II + FE 12-24mm F4 G

JR大阪駅を北側に出たところにある広場です。
金色に輝く大阪駅ビルが象徴的です。
広場はとても広く開放的です。
高層ビルが密集しているエリアですが、その圧迫感がまったく感じられないほど広々としてます。

大阪府_大阪市北区_梅田_190420
Sony α7II + FE 12-24mm F4 G

うめきた広場は影を撮る場所として使わせてもらってます。
なんてマニアックな使い方なんだという話ですが、とにかく夕方にうめきた広場へ行くと通行人の影が綺麗なんですよ。

グランフロント大阪 南館

Sony α7II + FE 12-24mm F4 G

まずは外観から撮影。
うめきた広場からの撮影ですね。
グランフロントは二棟あって手前側が南館・奥が北館です。

Sony α7II + FE 12-24mm F4 G

グランフロント南館テラスガーデンです。9階にあります。
JR大阪駅の展望が楽しめるのですが、手前のガラスが明かりを反射するので、夜景風景としては撮れたもんじゃないです。笑
ところがグランフロントの南館自体が大きくそびえたっているのでそれ自身を撮るとめちゃくちゃカッコイイ。展望風景を撮る時に邪魔になっていたガラス壁もビルを撮る時には良い引き立て役になります。
サイバーな写真を撮ることができるのが南館テラスガーデンです。

人が少ないのでゆっくりできます。撮影スポットというよりはデートスポットとしてオススメですね。
また、2019年6月時点では北館の展望エリアは封鎖されているみたいです。

梅田信号場

Sony α7II + FE 12-24mm F4 G

うめきた広場から南西に進むと踏切があります。
貨物列車とか特急列車がよく通っていく隠れ鉄道スポットだと勝手に思ってます。

梅田スカイビル

Sony α7II + FE 12-24mm F4 G

梅田スカイビルの展望台の良いところはなんといっても屋外展望台ということ。
窓ガラスがないから室内の反射を気にしなくて良いです。悪天候や風が強い日は屋外展望台に出られないということもあるのですが、基本的に天気が良ければ出ることができます。

この写真を撮りにいった日は綺麗な夕焼けでした。
手前を流れているのは淀川です。

Sony α7II + FE 24-105mm F4 G OSS

反対側を向くと梅田や中之島の高層ビル群が連なっています。
奥までずっと街が続いている様はまさに大都会ならではの夜景といえるでしょう。

Sony α7II + FE 12-24mm F4 G

梅田スカイビルは真ん中が吹き抜けという特徴的な形をしています。
一番上まで吹き抜けになっているので展望台からもこんな感じで真下を見下ろすことができます。
吹き抜けの中央を通っている二本はエスカレーター。展望台に出入りする時に使います。

Sony α7II + FE 12-24mm F4 G

エスカレーターはこんな感じ。かっこよすぎる。
梅田スカイビルの展望台は展望風景だけじゃなくて内部もフォトジェニックな場所がたくさんあるので、ぜひそのあたりも楽しんでみてください。

梅田スカイビル

入場料:大人1,500円
営業時間:9:30〜22:30

HEP FIVE

Sony α7II + FE 12-24mm F4 G

HEPFIVEはファッションビルです。
ファッションビルに観覧車が併設されています。それも結構大きいんです。
ずっと気にはなっていたのですが、特に乗ることもなく時は経ち、とうとうこの記事を書くにあたって乗ってみることにしました。

ついに

_人人人人人人人_
> 独り観覧車 <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

デビューです。

Sony α7II + FE 12-24mm F4 G

一人観覧車、実は結構多いらしく僕の一つ後ろのゴンドラも一人でした。しかも女子。
そのせいかゴンドラを乗る前にチケットを渡すところで
受付「お二人ですか?」
僕「いいえ一人です(キリッ」
などというやりとりをして乗ってきたわけです。

Sony α7II + FE 12-24mm F4 G

このあたりが最頂部。
結構高いんですよ。目の前のマンションの高さとほとんど同じです。
意外と高くてちょっと怖い 笑

HEPFIVE

搭乗料:大人600円
営業時間:11:00~22:45

おわりに

以上が、梅田の撮影スポットの紹介でした。
梅田は散歩をしているだけでたくさん良い写真が撮れる場所です。
また、時期によってはキャンドルナイトなどのイベントが行われます。たくさんのロウソクに火が灯っているのは幻想的で心温まる雰囲気ですよ。

まだまだ回りたいところはたくさん残っているので、今後も追加していきます。
基本的に撮影スポットまとめ系の記事は随時追加していく予定です。撮影スポットは無限大。
とりあえず行きたいところを軽くまとめたリストを下に書いています。
すごく個人的な話なのですがメモ代わりにちょうど良いのです。インターネットさえ繋がればどこでも見れるし。

行ってみたいところ

  • 阪急32番街
  • ステーションシティーサウスゲートビルディング(太陽の広場)
  • ステーションシティーノースゲートビルディング(天空の農園)

梅田阪急ビル スカイロビー(無料)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事