写真展します

こんにちは、Yutoです。
2月下旬〜3月下旬ぐらいまでは三重県で梅の撮影が楽しめます。

梅を楽しめる期間は1ヶ月ほどと比較的長いです。
品種や場所によって若干見頃のタイミングが変わります。

この記事では三重県内の梅スポット箇所をまとめました。
撮影日も掲載していますので見頃時期の参考にしていただければと思います。
ただし年によって開花時期が異なることもあるので、その他の見頃情報とも照らし合わせてください。

スポンサーリンク

三重県の梅スポット

いなべ梅林公園(いなべ市)

三重県いなべ市 いなべ梅林公園 2018/3/18
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

駐車場あり 営業時間8:30〜16:00 入園料:500円

いなべ梅林公園はいなべ農業公園とも言われています。
例年、3月中旬〜下旬にかけて見頃になります。梅林内を散策できるほか、展望台からは写真のような絶景を見ることができます。

後ほど紹介する鈴鹿の森庭園と見頃時期が同じぐらいなので、セットで訪れる人が多いです。

なばなの里(桑名市)

三重県桑名市 なばなの里 2018/3/4
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR

駐車場あり 営業時間9:00〜21:00・22:00*1 入園料:2300円(1000円分の金券つき)*2
*1 2月は21:00まで  2/22,23と3月からは22:00まで
*2 入園料は10月中旬〜5月初旬までのものです。

なばなの里は3月上旬に行くとしだれ梅と河津桜の両方が楽しめるかもしれません。
またイルミネーション開催期間なので、そちらも合わせて楽しむことができますね。

例年の見頃は
2月上旬~3月初旬:梅
2月中旬~3月中旬:しだれ梅
2月下旬~3月下旬:河津桜
となっています。
暖冬になるとそれぞれが1旬ほど早くなるイメージです。例えば例年2月上旬〜3月初旬なら暖冬は1月下旬〜2月下旬といった具合です。

入場料が2300円とやや高めですが、1000円分の金券が付いているので、食事やおみやげも合わせて買うと良いです。

鈴鹿の森庭園(鈴鹿市)

三重県鈴鹿市 鈴鹿の森庭園 2019/3/8
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR

駐車場あり 営業時間9:00〜21:00 入園料:500円〜1500円*1
*1 開花状況によって変わります

鈴鹿の森庭園の魅力は巨大なしだれ梅が大量にあることです。
これぞ梅で作られた絶景というような空間が広がっているのがすごいですね。

東名阪自動車道や新名神高速道路のインターから近く、アクセスしやすいのも良いですね。
ただし公共交通機関で来るのはやや困難な場所です。
車を持っていない人はレンタカーや誰かとの乗り合わせでくると良いでしょう。

結城神社(津市)

三重県津市 結城神社 2018/3/4
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR

駐車場あり 営業時間9:00〜16:00 入園料:500円

津市街地の中にある神社です。
境内は神社と梅園があります。
梅園に入るためには入園料が必要で、それ以外の場所は料金はかかりません。

しだれ梅とメジロが撮れることでも知られており、梅園内には望遠レンズをかまえた人たちがいます。

スポンサーリンク

まとめ

三重県に梅を満喫しにくるなら基本的には車がいいです。
公共交通機関を使う場合は近鉄が本数が多くて特急を使えば速いし快適で無敵です。
一方でJRは本数が少ないものの快速みえを使えば安く速く動けます。

梅満喫ルート

僕が他県の人に尋ねられてよくオススメしているルートは

  • いなべ梅林公園→アクアイグニスで休憩→鈴鹿の森庭園のライトアップ

ですね。午前中にいなべ梅林公園に行って、日中はアクアイグニスでご飯食べたり温泉に入ったりしてリラックスしてから、夕方に鈴鹿の森庭園に着いたら良い感じかなと思います。

その他三重県の梅スポット

  • かざはやの里(津市)
  • 菅原神社(鈴鹿市)
  • 小船梅林公園(熊野市)

スポンサーリンク