スポンサーリンク

こんにちは、Yutoです。

今回はですね、WiMAXの話です。
どういう人向けの話かっていうと若くて1人暮らしをしている。学生やピチピチの社会人向けの話ですね!まだ収入も多くなくてとにかく通信費を節約したい。そんな人向けです。

特にこのブログはカメラを持っている人がたくさんいると思います。
カメラや交通費に予算を全振りして通信費を減らしたいだとか、SNSやブログに撮った写真や動画を上げていて通信容量いっぱい使っちゃうマンはよく聞いてほしい話です。
僕もですけど。

伝えたいことは…

WiMAXと格安SIMコンボは安い。

とまぁ、1人暮らし向けの話です。
1人暮らしの中でもスマホとPCの両方でインターネットをしたいという人向けですね。

これは僕自身が東京に住んでいてスマホとノートPCのインターネットをWiMAX1回線で契約していて色々便利だったなと感じていたので、今回紹介するにいたったわけです。

なぜWiMAXの契約をしたのか

スマホのテザリングではすぐに通信制限(通信容量7GB)をかけられてしまった

まず引っ越してきて、最初のほうにすることはインターネット回線の契約がありますね。

ネットにつなげたい通信機器はスマホとノートPC。
スマホはテザリングができたのでインターネットが開通していない本当に最初の頃だけはテザリングでノートPCをインターネットにつないでいました。
ところが、テザリングしてPCでインターネットをしようものなら、あっというまに7GB制限をかけられてしまいます。

引っ越し先のアパートやマンションには回線工事が済んでいてすぐに契約ができるプロバイダなんかがあったりします。
その他のプロバイダだと新たな回線工事の許可が必要だったり、まぁとにかくちょっと面倒くさいので、よっぽどのこだわりがない限りは、そこが推奨しているプロバイダを使います。
推奨しているプロバイダがなかったら回線工事不要のプロバイダを選ぶと楽チンですね。

契約しようとした固定回線プロバイダがクソだったという話

住んでいたアパートにはAというプロバイダがありました。
回線速度によって月額料金が変わるプランがあって、遅めのものを選ぶとかなり安い。
さっそく契約をしたいと電話したのですが、散々待たされたあげくプランの内容を確認するので、また電話します。
といったきり電話がかかってこず…笑
今となっては速度のわりに料金は高いし、対応が悪いことでネットでよく言われているところだったので契約しなくて良かったのかなとは思いますが、それはさておき。

このままではネットが使えないので、困ります。
Aは使えないし、なんだかこっちから電話して待たされるのも嫌なので電話もできればしたくない。
という時に出てきたのがWiMAX!駅や電車内にいっぱい広告があるので思い出しやすかったです。

WiMAXのメリット

外出先でもインターネットができるのが最大のメリット

WiMAXが固定回線に比べて最大のメリットはモバイルルータを持ち運ぶことができるので、家でも外出先でもインターネットができてしまうということです。
もちろんスマホもパソコンも両方できてしまうので、とにかく外出先でインターネットをするのがめちゃくちゃ便利なのです。

スマホのネットが使えるから良いと思えるのですが、通信容量に気を使いながらしているよりもWiMAXのギガ放題プランを使えば通信容量を気にすることなく気兼ねなくインターネットができます。
特に動画をよく見る人はオススメです。スマホの20GBプランでも動画をよく見る人は足らないです。

通信量を検証してみた

実はつい先日、20GBでも通信制限にかかることってあるんですか?と聞く機会があったので、聞いてみたのですが「通勤通学でNetflixやYoutubeを見る人は意外とかかってます」という回答だったので検証してみました。

参考(1GBの通信容量はどれくらいか)

★Youtube

  • 高画質(720p)…約1時間30分
  • 標準画質(480p)…約2時間
  • 低画質(360p)…約3時間

★Netflix

  • HD画質…約20分
  • 標準画質…約1時間

★SNS

  • Instagram…写真閲覧 約1時間20分
  • Instagram…ストーリー 約2時間30分

10分程度の閲覧をもとに算出しています。
また読み込み回数が多いほどデータ通信量は増えます。

SNS少ないやろ。
なんて思ってたのですが、全然そうでもなくてびっくりでした。SNSは動画よりも写真を見ているほうがデータ通信量が多かったです。多くの写真を短い時間に読み込むからでしょう。

検証してわかったのですが、この通信容量だったら通勤通学で動画見てる人はかかる人多いかもしれませんね。
この検証面白いなぁ。もうちょっと色々な項目で試してみたい。

工事不要・申込当日にインターネットを開通させることも可能

引っ越し直後の回線工事や立会いは手間がかかります。
WiMAXはポケットサイズのルーターが手元に届いたら使えるようになるので、そういった手間がかからなくて楽チンです。

しかも最短であれば契約・申込当日にルーターを使ってインターネット接続ができるようになります。
WiMAXはインターネット開通まで最速の手段でもあるわけです。

実は入院の時とか超便利なWiMAX

あ、あと最近は病院でもWiMAXが使えるところが多くなっています。
例えば入院とかの時に超便利です。1〜2日の入院でも想像を絶するほどのヒマさなので。
なので、入院する時はPCとWiMAXがあれば家と同じようにインターネットを楽しむことができます。
病院では医療機器が大量に扱われています。通信機器の電磁波が他の機器に影響を及ぼす可能性があるので、WiMAXが使える環境であっても病院の人に必ず使っても良いか確認してください。

料金が比較的安く、速い通信速度

光回線とかだと月額料金が4000〜6000円ぐらいとちょっと高めです。

WiMAXだと3000円〜4000円ぐらいで契約できることがほとんどです。これはインターネット費用の節約に役立ちます。

速度は2019年に発売された最新機種W06では、下り最大で867Mbps・上り最大75Mbpsと早いです。
一般的に10Mbs〜20Mbsあれば動画閲覧でも問題ないと言われています。

僕はBIGLOBEのWiMAXを使っていました

「BIGLOBE WiMAX 2+」

BIGLOBEはNEC系の企業で僕が使っていたプロバイダです。
今、人気のブロードワイマックスなどに比べてちょっと月額料金は高めですが、携帯料金と比べると安いですしギガ放題であれば通信容量制限が基本的にないのは嬉しいですね。

あと、キャッシュバックの額がそこそこ大きいので月額料金に換算すると実質料金はもっと安くなります。

クレジットカードで支払えば、年会費のいるクレジットカード対策になります。詳しくは公式サイトを確認してみてください。

「BIGLOBE WiMAX 2+」

接続も安定していたので特に不自由しなかったです。
通信容量制限はなくても3日間で10GBを超える通信をすると速度制限がかけられるので注意してください。

WiMAXのデメリット

山奥では使えない

実は僕、今WiMAXを使っていないです。
基本的にWiMAXの対応エリアが大都市部だけの時に使っていたので、田舎に帰ってからはWiMAXが対応してなくて全然使う機会がなかったので解約してしまいました😭
後、実家暮らしなので光回線が引っ張ってあって、わざわざWiMAXで全てのインターネット回線に接続しなければならないという状況ではないので使ってないです。
ということもあって都市部で一人暮らししている人向けなんですね。

今回、記事を書くためにWiMAX対応エリアを改めて調べてみると、ここ近年でめちゃくちゃ対応エリア広げた感じですね!

対応エリアの調べ方はBiglobe WiMAX公式サイトの「サービスエリアマップ(WiMAX 2+)」が便利です。WiMAX2 +を選んで自分の家の近くなど、調べたいエリアを見てみたらOKです。
基本的にピンクで塗られているエリアは良いと思うのですが、一応「ピンポイントエリア判定」を見ておいたほうが良いです。
判定は◯(使える)・△(怪しい)・×(使えない)の三段階です。

僕の家はピンクのエリアにしっかり収まっているところでしたが、なぜか△でした。苦笑
△は一番厄介です。状況や場所によって圏外になることがあります。
WiMAXの本家、UQがTry WiMAXとして15日間レンタルしてくれるので、接続が不安な方はそちらをレンタルされると良いでしょう。

ギガ放題でも3日間で10GBの通信量制限がある

固定回線が完全に無制限なのですが、WiMAXではギガ放題でも3日間で10GBの通信量制限があります。
正直1日中映画を見たりしなければかかることはないと思いますが…。

WiMAXの端末という荷物が増える

WiMAXの一番のデメリットはこれかなと考えています。
WiMAXのモバイルルーターを持ち運ばなければならないことです。
ただ、持ち運ぶといってもポケットに入るサイズなのでそれほど大きな負担にはなりません。

もう一つはルーターのバッテリー問題ですかね。
通信しているとものすごい勢いでバッテリーが減っていきます。通信の電力消費が激しいのはスマホも同じですね。
最新のモバイルルーターは通信しない時は休止状態になってバッテリーの消費を抑えてくれます。
通常使用でだいたい9時間ぐらい持ちます。常時繋げっぱなしだと6〜7時間ぐらいです。ちょっと短いですね。モバイルバッテリーもあるほうが心強いです。

外でもインターネットが自由にできることがWiMAXの最大のメリット。
それを大いに活かすためにもバッテリー対策はきちんとしたいですね!

通話に関して

WiMAXだけでも音声通話はできる

今はLINE通話やSkype・Messenger(Facebook)など無料で何時間でも通話できるアプリがあります。
以前は電話番号やメールアドレスを交換していましたが、今やLINEだけという人も多いと思います。友達はもちろん恋人でもLINE IDしか知らないという人もいるかと。
LINEやSNSがあれば連絡手段として十分な時代になりましたね。

フリーダイヤルにかけることができない

WiMAXは端末に契約管理として電話番号が割り振られるのですが、その電話番号で音声通話をすることができません。
実際にかけてみても「電話番号は存在しますが音声通話ができません」というようなニュアンスのことを言われてしまいます 笑

電話番号が必要な契約ができない

意外と盲点なのは口座の作成や保険への加入時に電話番号が必要になることがあります。
実際に銀行や保険会社から電話がかかってくるのは申込時に登録した電話番号です。
WiMAXの契約時に割り振られた番号は音声通話ができないので、契約ができなくなります。

緊急ダイヤルができない

SIMカードが入っていない状態では日本では緊急ダイヤルはできません。
110番,119番ですね。
これは万が一の時に非常に困るだけでは済まず、命を落としかねないです。

法律で定められている

電気通信事業法 端末設備等規則 第28条の2には、「移動電話端末であって、通話の用に供するものは、緊急通報を発信する機能を備えなければならない」と定められています。

スマホなどのモバイル端末は緊急ダイヤルできる機能を備えなければならないと法律で定められています。だからSIMカードを抜いた状態でも緊急ダイヤルをかける操作自体はできます。

一方でSIMカードを抜いた状態は非アタッチ状態(携帯電話通信網に接続していない状態)といわれ、電波送出が法律上認められていないことからモバイル端末に発信機能が実装されていても利用できないということになります。

いつ訪れるかわからない非常事態。使うにはSIMカードが必要です。
いざという時のために対策はしっかりしておきましょう。

対策として格安SIMの申込がオススメ

BIGLOBEの3GB容量・音声通話が月額1600円で使える

BIGLOBEのデータSIM

BIGLOBEでは3GB通信容量・音声通話が月額1600円で使えます。
データ通信は基本的にWiMAXで行うので、音声通話が使えれば問題ありません。
MNPが使えるので今まで使っていた携帯番号もそのまま引き継ぐことができます。

どんな人に向いているか

都会で一人暮らしをしている若者

WiMAXはどんな人に向いているかですが、冒頭でもちょっと出しましたが都会で一人暮らしをしている人に向いているサービスです。

PC・スマホ・タブレットを1回線で通信容量無制限で安く使える

これこそがWiMAXの最大の利点です。
特に首都圏は通勤通学に1時間以上かけている人も少なくないです。1時間もあれば読書や映画、様々なことを楽しむことができます。

日によって動画を見たり読書をしたり、寝たりそれぞれ違うでしょう。
ひたすらネットサーフィンをしたい日もあるでしょう。それらのことを通信容量制限のことを気にしながら見るのはストレスです。

また、家に帰ってからも同じようにインターネットを楽しむことができます。
WiMAXの月額料金は3000円〜4000円ほど。これだけの料金でインターネットが楽しみ放題というのは大きなメリットだと思います。

端末がスマホ1台だけなら10GB以上プランでも良いかもしれない

端末がスマホ1台だけなら格安SIMの10GB以上プランで良いかもしれません。
PCも持っていない、タブレットも持っていない、でも通信データはそこそこ使うという人は格安SIMで良いかもしれません。

ただし格安SIMは大手キャリアの回線を借りているので、回線が混雑する時間帯(昼の12時台・夕方〜夜)は通信速度が遅くなることがあります。それが嫌だという場合は大手キャリアの10GB以上プランが良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
外でもスマホ・PC問わずに自由にインターネットができてしまうWiMAXは一人暮らしをしている身にとってはめちゃくちゃ魅力的でした

インターネットは今や生活に欠かせないものですし、通信費は毎月払うものです。
色々な事情があると思うので、じっくり考えて一番ベストな選択ができれば最高ですね。

WiMAXなどのWi-Fiサービスを選ぶ時のコツは

通信速度が速く・容量無制限・安い

です。

3つのバランスが良いものを選ぶのが正解です。
この要素から一番優先したいものを決めて順番に検討していくと良いでしょう。
僕の場合は「とにかく早くインターネット開通をしたかった」のでちょっと特殊でしたが 笑
基本的に固定回線やスマホのプランと比べると3つのバランスが良くてお得にはなっているので、プロバイダ選びはあまり気にしなかったです。

あ、WiMAXの対応エリアはしっかり確認してくださいね!家だけじゃなくて職場やよく遊びにいく場所など、自分の生活圏はしっかり確認しておくことをオススメします。

それでは、また。

「BIGLOBE WiMAX 2+」【BIGLOBEモバイル】プラン料金値引き特典(~9/1)


スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事