こんにちは、Yutoです。

コノハウィングとエックスサーバー、どっちがオススメ?という悩みは結構ありがちではないでしょうか。
実際、自分自身も悩んで、2つのサーバーを調べてました。

結論は「初心者やサーバー引っ越し組はコノハウィング・安定や安心感を求める人はエックスサーバー」です。

僕の場合はコノハウィングを選択しましたが、その理由はサーバーとワードプレスの紐付けが楽だったことと、サーバー引っ越し費用が安かったからです。

楽さは正義!!

この記事では2つのサーバーの比較点と、それぞれのサーバーがおすすめな人はどのような人かというのを紹介していきます。
どちらのサーバーにしようかなと悩んでいる人の参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

コノハウィング・エックスサーバー比較

コノハウィングがおすすめな人

  • ワードプレスのインストールが楽
  • コスパ良い運営ができる(ドメインがセットでついてくる)

ワードプレスで他社サーバーから引っ越しする時は、コノハウィングへうつってくるのが非常に楽です。

WordPressかんたん移行・WordPress移行代行などを使えば、簡単な作業だけでいけます。
WordPress移行代行にいたっては完全に作業を代行してもらえるので、忙しい人・ややこしい作業が苦手な人でもOKです。
「ConoHa WING」移行代行の詳細はこちら

 

エックスサーバーがおすすめな人

  • 老舗ならではの安定したサーバー運営
  • 24時間365日サポート対応

エックスサーバーは2009年から運営されています。
これまでに大きな障害もなく、非常に安定したサーバー運営がされています。

サーバーの障害が発生すると、ブログ運営をしている人にとっては死活問題となってしまうため、安定感は非常に重要な要素といえます。
長い運営実績があるため、今後も安心して使えると感じるサーバーです。

また、サポート体制も充実しており、電話での問い合わせの他、メールは早い返信が期待できます。

 

コノハウィング・エックスサーバーかんたん比較

一般的なサイトの場合は一番安いプランで十分なスペックとなっています。
コノハウィングのほうがややコスパはいいですが、それほど大差はありません。

 コノハウィングエックスサーバー
月額828円 / 月(3年プラン)990円 / 月(3年プラン)
SSD300GB300GB
転送量27.0TB / 月300GB / 日
ドメイン無制限無制限
データベース無制限無制限
初期費用無料3,300円

キャンペーンで月額や初期費用が安くなっていることがあるので、興味のある方は公式サイトをチェックしてみてください。

コノハウィングにした理由

サーバー引っ越し費用はコノハウィングが安かった

僕は他社サーバーからの乗り換え組です。
移行作業で失敗すると、面倒事になるのが嫌なので、プロにお任せすることにしました。

引っ越し費用は以下の通り

  • コノハウィング:7678円/1サイト
  • エックスサーバー:33,000円/1サイト

引っ越しに関してはコノハウィングが圧倒的に安いです。

まとめ

初心者はコノハウィング・安心感を求める人はエックスサーバーがおすすめ

とにかくブログを早く始めたい、面倒なことはできるだけしたくないという人は、コノハウィングがオススメです。
ワードプレスのインストール、ドメインとのひもづけがかなり楽ちんです。

一方で長い運営実績を持ち、ユーザー数も多いエックスサーバーは安心感があります。
ワードプレスのインストールやドメインとサーバーのひもづけ等の作業に抵抗はないという人にオススメです。
ユーザーが多い=情報量が多いので、トラブルがあっても検索すればだいたいのことは解決します。

管理画面の好みで選んでもいいレベル

コノハウィングの管理画面
エックスサーバーの管理画面

2つのサーバーで若干の差や傾向の違いはあるものの、正直なところ、どっちの管理画面が好みかで選んでも良いです。

スマホキャリア選びで、ドコモ・AU・ソフトバンク・楽天でどれにしようか選択するイメージに近いですね。

比較的新しいコノハウィングは価格や性能面で勢いがあります。
一方でエックスサーバーは長い運営実績でユーザーも多いため、信頼や情報が多いです。

オンラインで写真教室やっています