こんにちは、Yutoです。

ソニーのミラーレス一眼にすごく興味があるのだけど

悩み
  • どれを選べばいいかわからない
  • 全部同じ形に見える
  • α9とα7の違いは?
  • 無印とRとSの違いは何?
  • ぶっちゃけどれを買えばいいの?
  • これらの疑問にプロのフォトグラファーがお答えします。
    ソニーイメージング・プロサポート会員にも登録させていただいております。

値段順・性能順・撮影スタイル別・初心者向けなど様々な視点からどのカメラが良いのか徹底解説しながら紹介していきます。

ちなみに僕自身も同じような悩みを持っていましたが、α7IIを購入して現在も使っています。
α7IVが出たら買い替えようかな?と考えています。

先に結論
  • どれを選べばいいかわからない
    A:用途別で機種を選びましょう
    第III・第IV世代のカメラにすると幸せになれます
  • 全部同じ形に見える
    A:全機種の特徴を解説します
  • α9とα7の違いは?
    A:動きのあるものを撮るならα9シリーズ、そうでないならα7シリーズでいいです
  • 無印とRとSの違いは何?
    A:スタンダード(無印)・高画素(R)・高感度耐性(S)です
  • ぶっちゃけどれを買えばいいの?
    A:α7IIIが総合的にもっともオススメです

ざっくり書きましたが、1つずつ解説していきます。

目次を表示から
見たい情報まですぐに飛べます。

目次

スポンサーリンク

10秒でわかるソニーのフルサイズミラーレス一眼カメラの選び方

オススメ機種は赤文字

まずはざっくりオススメを紹介します。

一番オススメなのは

α7IIIです!

それより
高画素を求めるならα7RIII
高感度を求めるならα7SII
性能がいいものならα9
価格を抑えたいならα7II
がオススメです。

*画素数はA1サイズ以上にプリントしない場合は
2400万画素ぐらい(α9II・α9α7IIIα7II・α7)が一番使いやすいです。

機種の詳細は
↓のSONY STORE(公式)のページにて!
買うのもSONY STOREが割引やサポートがついてお得です。

基本的には第III世代・第IV世代がおすすめ

予算等、特に理由がない限りは第III世代・第IV世代のカメラがおすすめです。
カメラのオートフォーカスや画質は新しいカメラのほうが良くなっていきます。
また、第II世代まで問題視されていた、バッテリーの消耗が激しい問題はそれ以降は改善されています。
寒い環境でも長く使えるカメラとなりました。
第II世代までは性能としては申し分ないですが、ミラーレス一眼が生まれたての時代でもあるので、良やはり今の第III世代・第IV世代と見比べるとまだ成熟しきっていないところもあります。
それでも第I世代と第II世代の差は大きいです。

一方でとにかく安くフルサイズデビューした人は第I世代・第II世代のカメラを選択しても良いでしょう。
特にα7S・α7SII・α7RIIはサイレントシャッターが搭載されており、ストリートスナップ用カメラとして使用できるのが魅力的です。

サイレントシャッターって何?どんな時に使う?
  • シャッター音が無音になります

サイレントシャッターは意外と便利です。
特に仕事でカメラを使う機会があるという人や、ストリートスナップを撮る人にはありがたい機能です。

使い所は

  • 取材
  • 会議
  • 結婚式
  • 街中でストリートスナップ
  • 動物撮影
  • その他周りで動画撮影・録音している時

などといったところですね。
特に室内でシャッター音はけっこう響くんですよね。
結婚式は動画撮影も並行していると思うので、その中でカシャ・カシャと響いているのはあまりよろしくないです。

ソニーのフルサイズミラーレス一眼でサイレントシャッターを使えるのは
α9II・α9・α7RIV・α7RIII・α7III・α7RII・α7SII・α7S
全11機種中8機種は使えます。
サイレントシャッターが使えないのはα7・α7R・α7IIです。

スポンサーリンク

SONY STORE(ソニーストア)で買うとカメラ・レンズともにお得です

  • 故障以外(破損・水濡れ・火災)などの保証
  • 月々の支払いを抑えられる残価クレジット支払い
  • MY SONY 登録でカメラ・レンズが10%オフ
  • 他社カメラの下取りサービス

大きなメリットはこの4つです。

その他にも清掃・点検サービスなど充実しています。
個人的にはソニーストアのリアル店舗に入店しやすいというのもありますね 笑
何度か清掃に行けば結構顔とか覚えてもらえますので親しみがわきます。

この記事の最後でも詳細を紹介しています。

icon icon

2020/7/26までの購入で、キャッシュバックキャンペーンをやっています。
対象カメラ・対象レンズの組み合わせは使いやすくてオススメなので、ソニーのカメラ・レンズが気になる人はこの機会の購入がオススメですね。

値段別に見てみる

  • 30万円以上
    a9II・α7RIV・α9・α7RIII
  • 15万円以上
    α7SII・α7RII・α7III
  • 15万円以下
    α7II・α7S・α7R・α7

30万円以上

α9II

α7RIV

α9

α7RIII

15万円以上

α7SII

α7RII

α7III

15万円以下

α7II

α7S

α7R

α7

ソニーのフルサイズミラーレス一眼 全機種

icon icon

ソニーのフルサイズミラーレス一眼のラインナップはこのとおりです。
ここには載っていませんが、α7・α7Sもまだ販売されています。
α7Rは生産終了しているので新品は在庫限りです。

特徴
  • Speed(高速撮影)
  • Resolution(高画素・高解像度)
  • Basic(標準)
  • Sensitivity(高感度)

α9II:最高の性能

icon icon
icon icon
こんな人にオススメ
  • 高速通信を使ってその場で写真を仕上げたい
  • プロ仕様でスポーツ・ポートレートなどを撮影したい
  • タッチパネル撮影最高
  • 最新で最高の技術を味わいたい

オリンピック仕様で作られたカメラというのがよく伝わってきます。
注目すべきは、高速通信が搭載されていることですね。
撮影した写真をすぐに事務所に送ったり、SNSにアップロードしたい場合に使えます。

フリッカーレス撮影が可能なので、屋内スポーツ撮影でも安心して使うことができます。

ただ、初代α9が優秀でα9IIは画素数・AFポイント数ともに変わりはないので、仕事で使わない限り買い替えは不要かもという声もあります。

α7RIV:6000万画素のレジェンド

icon icon
icon icon
こんな人におすすめ
  • とにかく高画素で撮りたい
  • 普段の撮影でトリミングすることが多い
  • 自然風景をよく撮っている
  • ハイスペックPCを持っている
  • タッチパネル撮影最高

予算に限りがなければこのカメラが最強かなと個人的に考えてます。

6100万画素という2020年7月現在最高の超高画素機です。
ポスターサイズのプリントも余裕で対応できてしまいます。

6100万画素を活かすための工夫
  • 光学式5軸ボディ内手ブレ補正
  • 高耐久・低振動シャッター
  • シャッターの振動を軽減するためのユニット構造

高画素機ではわずかな手ブレでも目立つため、それらをなくすために徹底した対策が施されています。

高画素機の魅力は、高解像度を活かしやすいだけではなく、トリミングしても余裕があるというところです。
特に建築物などの歪み補正をした場合は、どうしてもトリミングする必要が出てきますが、まぁちょっとトリミングしたぐらいでは痛くも痒くもないとそんなレベルです。

トリミングし放題なので構図を決めやすい

あと被写体に寄らなくても質感を伝えやすいのも良いですね。
自然風景や絶景・都市夜景の撮影にはもってこいのカメラです。

リアルタイム瞳AFも搭載しているので、動きのあるポートレート撮影でもばっちりです。

また、高画素機ならではのデメリットもあります。
Amazonレビューにもあるのですが、速い書き込みと大容量のSDカード、そして高スペックで大容量なパソコンとハードディスクがいる点も忘れずに。

  • 推奨SDカード:UHS-1のV10以上 容量128GB以上
  • 推奨PCスペック:CPU Core i7・メモリ16GB以上・本体SSD 500GB・外付けHDDでデータ保存

というようにカメラ周りの性能も大事となってきます。

パソコンやSDカードなど周辺機器も整えよう

また、連写性能は10コマ/秒と速いものの、書き込み速度が遅いと処理に時間がかかってしまい、シャッターチャンスを逃すことが多くなります。
そのため、スポーツ・乗り物・子供など動きが激しい被写体を連写に頼って撮ることは困難かもということは覚えておきましょう。

α9:実質最高の性能

icon icon
icon icon
こんな人におすすめ
  • 一瞬のチャンスを狙いたい
  • 動体(スポーツ・動物・乗り物など)の撮影が多い
  • 失敗しない写真を撮りたい
  • タッチパネル撮影最高

これぞまさにフラッグ・シップといわんばかりのスペックを誇っています。
爆速で正確なオートフォーカスは写真をやっている者からすると、これ以上ないぐらいに嬉しいです。
とにかく失敗しないです。

初心者です!予算に上限はないです!カメラ何がおすすめですか?
と聞かれたら「α9」と即答します。

最高位モデルなので価格は高いですが、
性能的に見るとオススメNo.1ですね。
鳥や野生動物を撮りたいなど被写体が素早く動くものが多い人にオススメです。

怖いものなしでなんでも撮れる!

ちなみに2400万画素は扱いやすいサイズです。
そんなに高スペックなPCは必要ありません。
プリントも300dpiでA3サイズ、150dpiでA1サイズに対応できます。
A1サイズで150dpiってどうなの?という意見もあるかもしれませんが、A1プリントを近くで鑑賞するシーンはほとんどないので全く問題ないです。

また常用ISO51200に対して画素数が抑えられているため、暗いところでISO感度を上げてもノイズがほとんど乗りません。
星空もなんなく撮れますよ。

一般的な使用だと不満は出ないカメラでしょう。

α9IIが出て、大幅に値下がったことによりコスパがものすごく良いカメラとなりました。

α7RIII:4000万画素のロマン

icon icon

icon icon
こんな人におすすめ
  • 優れた解像度・大きな画素数で撮影したい
  • トリミングを使うことが多い
  • 自然風景を撮りたい
  • 解像度・画素数以外の機能も重視したい
  • タッチパネル撮影最高

α7RIIが持っている課題点をほとんど改善したカメラです。
高画素機が欲しいけど、α7RIVは大きすぎるという人にオススメです。
4000万画素はまだ比較的扱いやすいサイズです。
プリントだとA2は300dpi、A0で150dpiで対応可能です。めっちゃ高性能ですよ。
ちなみにブログやSNSに載せている写真は100万〜300万画素まで圧縮しています。

自然風景を大画面で隅々まで見たい!という人に超オススメ

4000万画素のカメラの集大成といったモデルで、画質だけではなく、オートフォーカスの性能や高感度への耐久性が進化しています。
ピクセルシフトマルチ撮影を使えば、超高解像度の写真が仕上げられるのと、動体ではない被写体のモアレをなくすことができます。

とにかく高解像度・高画素を追求したカメラです。

α7III:名機!スタンダードという名の万能

icon icon
icon icon
こんな人におすすめ
  • スタンダードというか万能型を求めている
  • コスパが良い
  • 大きな画素数はいらない
  • スナップ・ポートレートに使いやすい
  • タッチパネル撮影最高

α9とα7RIIIのいいとこどりをしたカメラです。
一応フルサイズミラーレス一眼のスタンダードモデルとして登場したカメラですが、性能的にはめちゃくちゃハイスペック。

初心者です!カメラ何がおすすめですか?
と聞かれたら「α7III」と即答します。

性能と価格のバランスが良いです。
総合的にオススメNo.1ですね。
むしろ性能が良すぎてこの価格でいいの?というぐらいになってます。

皆にオススメ!
カメラはどれがいいかわからないなぁ、という人はα7IIIで後悔しません。

ただ、メニューが多すぎてたどり着きたいところに到達できないので、慣れないうちはちょっと時間がかかるかもです。
と言いながらも、よく使うメニューはカスタムボタンに指定しておけば問題ないです。
最初に説明書は読んでおいたほうがいいですね。

暗所での撮影でも使えたり、タッチパネルでフォーカスポイントをすぐに変えることができるのは本当に素晴らしいです。
瞳オートフォーカスの追従もぐいぐいついていくので、動きのあるポートレートも簡単に撮れます。

α7RII:4000万画素の先駆者

icon icon
icon icon
こんな人におすすめ
  • 画素数重視で撮影したい
  • トリミングが多い撮影
  • オートフォーカス機能はあまりいらない
  • 風景撮影メインの人向け

「電子先幕と電子シャッター」「ボディー内手ぶれ補正」が追加されています。
ボディー内手ぶれ補正が追加されたことにより、手持ちで気軽な撮影ができるようになりました。

さすがは4000万画素といった大画素、そして高解像度なので風景写真を撮る人に向いています。
4000万画素あればA1のプリントにも余裕をもって対応できるので、将来写真展を開催して、大きなプリントをしてみたいという人にもぴったりですね。

20万円以下で4000万画素機が手に入るというのも魅力的です。

α7SII:宇宙から4K動画を撮るならこれ

icon icon
icon icon
こんな人におすすめ
  • フルサイズで4K動画を撮りたい
  • 宇宙から動画を撮りたい
  • 結婚式撮影で使いたい
  • 暗いところでもフラッシュを使いたくない
  • 画素数は気にしない

動画撮影で使いたいとか、暗いところで手持ちで撮りたいとかという人向けです。
動画は4Kで撮れてレンズ交換ができるというのが魅力的ですね。

結婚式の撮影で使いやすいカメラとなってます。
暗いところでも手持ちで撮れるというのはまさに結婚式撮影ならではですね。

サイレントシャッターがついているので、撮影中もシャッター音が邪魔にならなくて良いです。

宇宙ステーション補給機「こうのとり」とともに宇宙からフルサイズで動画を撮ったカメラでもあります。
宇宙でカメラ使いたい人や本格的に動画を撮りたい人にオススメですね。

α7II:コスパ最高の優等生

icon icon
icon icon
こんな人におすすめ
  • とにかくコスパ重視
  • とにかくフルサイズデビューしたい
  • 日常風景や花を撮りたい
  • 本体は安くして良いレンズを買いたい

第IV世代までカメラが出た今、かなり安くなっているのがポイント。
カメラとしての性能は十分にあります。
ミラーレス一眼ブームに火をつけたのはα7IIといっても過言ではないでしょう。

惜しい点としては操作性ですね。
フォーカス位置が変えにくいので、すぐにフォーカスポイントを変えて撮影ということはできないです。
撮影にスピード感を求めていなければ十分に使えます。

個人的にオススメの組み合わせはα7IIとGMレンズをセットで買うことです。
旧世代のカメラを買うけれどもその差額でレンズはいいものを買うといった具合ですね。
写真の画質自体はα7IIIとほとんど変わりません。

α7R:元祖高画素フルサイズミラーレス

こんな人におすすめ

  • 3000万画素以上4000万画素未満がいい
  • 風景撮影がメイン
  • トリミングが多い

8万円で3600万画素のカメラが買える時代になりました。
他のRシリーズが高くて買えないけど、高画素機が欲しい。
あるいは、高画素機が欲しいけど、4000万画素もいらないといった人にオススメです。
高画素になるほど、パソコンの要求スペックが高くなったり、データ容量が大きくなってしまうからです。

操作性やカメラ機能にこだわりがなくて、高画素で風景を撮りたいという人向けですね。

ソニーストアでの販売は終了しているので、新品は在庫限りとなっています。

α7S:静かに撮れる

icon icon
icon icon

こんな人におすすめ

  • 夕暮れ時にスナップしたい
  • 水族館で撮影したい
  • シャッター音を消したい
  • 操作性や機能にこだわらない

常用ISOが100〜102400まで使えます。
つまり暗いところでの撮影がめちゃくちゃ得意ということです。
画素数は1220万画素と抑えているのも暗いところでISOをがりがり上げて撮るための措置でしょう。

画素数が小さいとISO感度を上げてもノイズが出にくくなります

ソニーの最新レンズもつけられますし、アダプタをつければオールドレンズもつけられるので、お散歩用カメラとして使うことができます。

α7:世界初のフルサイズミラーレス一眼

icon icon
icon icon

こんな人におすすめ

  • とにかく安くフルサイズデビューしたい
  • 操作性や機能にはこだわらない
  • 本体は安くして良いレンズを買いたい

フルサイズミラーレス一眼が10万円前後で手に入る時代になりました!
素晴らしいですね。

カメラの操作性や機能にこだわらない人はめっちゃ安くでフルサイズデビューできます。
はじめてカメラを買う人はまずはα7で体感してみるのも良いでしょう。
画素数は2430万画素と使いやすいサイズです。

アダプターをつければオールドレンズもつけることができます。
フィルムカメラとオールドレンズをよく使っているという人にもオススメですね。

基本的には第III世代・第IV世代がおすすめ

予算等、特に理由がない限りは第III世代・第IV世代のカメラがおすすめです。
カメラのオートフォーカスや画質は新しいカメラのほうが良くなっていきます。
また、第II世代まで問題視されていた、バッテリーの消耗が激しい問題はそれ以降は改善されています。
寒い環境でも長く使えるカメラとなりました。
第II世代までは性能としては申し分ないですが、ミラーレス一眼が生まれたての時代でもあるので、良やはり今の第III世代・第IV世代と見比べるとまだ成熟しきっていないところもあります。
それでも第I世代と第II世代の差は大きいです。

一方でとにかく安くフルサイズデビューした人は第I世代・第II世代のカメラを選択しても良いでしょう。
特にα7S・α7SII・α7RIIはサイレントシャッターが搭載されており、ストリートスナップ用カメラとして使用できるのが魅力的です。

サイレントシャッターって何?どんな時に使う?
  • シャッター音が無音になります

サイレントシャッターは意外と便利です。
特に仕事でカメラを使う機会があるという人や、ストリートスナップを撮る人にはありがたい機能です。

使い所は

  • 取材
  • 会議
  • 結婚式
  • 街中でストリートスナップ
  • 動物撮影
  • その他周りで動画撮影・録音している時

などといったところですね。
特に室内でシャッター音はけっこう響くんですよね。
結婚式は動画撮影も並行していると思うので、その中でカシャ・カシャと響いているのはあまりよろしくないです。

ソニーのフルサイズミラーレス一眼でサイレントシャッターを使えるのは
α9II・α9・α7RIV・α7RIII・α7III・α7RII・α7SII・α7S
全11機種中8機種は使えます。
サイレントシャッターが使えないのはα7・α7R・α7IIです。

Rは画素数が大きい Sは高感度が強い

α7シリーズはスタンダードモデルに加えてRやSと表記がついているものがあります。
これが何も知らない状態だと結構ややこしいのですが

  • Rは画素数が大きい
  • Sは高感度が強い

です。

すごく簡単に言うと

風景を撮るならRがオススメ
暗い室内手持ちで撮るならSがオススメ

と覚えるとわかりやすいです。

6100万 4200万 2400万 1200万画素ってどのくらいの大きさにプリントできる?

実際、高画素機はどのようなところに活かせられるのか、具体的にプリント可能サイズを割り出しました。

6100万画素
α7RIV

300dpiでA3サイズ、200dpiでA0サイズにプリントできます。

dpiって何?
  • 印刷の解像度のことです。

数値が高いほどより細かいところまで描写されます。
通常150dpi〜300dpiでプリントすることが多いです。

300dpiは近くで鑑賞するもの推奨(ポストカード・フォトブックなど)
展示写真など離れて鑑賞するものなら150dpiでOKです

4200万画素
α7RIII・α7RII

300dpiでA2サイズ、150dpiでA0サイズにプリントできます。

3600万画素
α7R

300dpiでA3サイズ、150dpiでA1サイズにプリントできます。

2400万画素
α9II・α9・α7III・α7II・α7

300dpiでA3サイズ、150dpiでA1サイズにプリントできます。

1200万画素
α7SII・α7S

300dpiでA4サイズ、150dpiでA3サイズにプリントできます。

サイレントシャッターって何?どんな時に使う?

  • シャッター音が無音になります

サイレントシャッターは意外と便利です。
特に仕事でカメラを使う機会があるという人や、ストリートスナップを撮る人にはありがたい機能です。

使い所は

  • 取材
  • 会議
  • 結婚式
  • 街中でストリートスナップ
  • 動物撮影
  • その他周りで動画撮影・録音している時

などといったところですね。
特に室内でシャッター音はけっこう響くんですよね。
結婚式は動画撮影も並行していると思うので、その中でカシャ・カシャと響いているのはあまりよろしくないです。

ソニーのフルサイズミラーレス一眼でサイレントシャッターを使えるのは
α9II・α9・α7RIV・α7RIII・α7III・α7RII・α7SII・α7S
全11機種中8機種は使えます。
サイレントシャッターが使えないのはα7・α7R・α7IIです。

SONYのカメラ検討中 Q&A

用途にあったカメラや、実際にあった質問をもとにしたQ&Aをまとめています。

Q:初心者ですカメラのことは何もわかってませんが、そういう人にもおすすめってありますか?

α7III・α7RIII・α9がオススメです。
スタンダードにオススメできるのはα7IIIですね。画質・性能・操作性ともにバランスが整っていてとにかく使いやすいです。グリップも深くて握りやすいですね。

あちこち絶景を撮ってまわりたいという人はα7RIIIがオススメです。
お金はどれだけでも出すからとにかくいいカメラをくれ〜!という方はα9がオススメです。

そんな予算ないわ!っていう人は
α7IIがオススメです。

Q:SONYのフルサイズミラーレス一眼でオールドレンズを使いたいです。オススメの機種は?

α7III・α7II・α7がオススメです。
オールドレンズを使いたくて、画質にこだわっていない場合は2400万画素の機種で良いです。

α7IIが一番バランス良いです。
予備バッテリーを1〜2個持っていたほうが良いです。
α7と違うところはボディに手ぶれ補正がついていることです。

α7IIIはオートフォーカス撮影を快適に楽しみたい人向け。
ソニーの最新レンズと合わせて楽しみたい人向けですね。

α7はマニュアルフォーカスのみのオールドレンズを楽しみたい人向けです。
とにかくフルサイズミラーレスなのに安いです。

一方で高画素機のRシリーズはオールドレンズを使うことにより高画素ならではの解像感も失われてあまり意味を感じません。
データ容量が大きくなってしまうのであまりオススメしないです。

Q:α7IIとα7IIIって何が違うんですか?どっちがおすすめ?

  • バッテリーが長持ちする
  • オートフォーカス性能が向上
  • 電源ONからシャッターを切れるまでの時間が短くなった
  • タッチパネル操作ができるようになった(ON/OFF可)
  • サイレント撮影ができるようになった
  • 連写:早くなった α7II:5コマ/秒→α7III:10コマ/秒
  • SDカード:シングルスロットからデュアルスロットになった
  • グリップが深くなり握りやすくなった

という感じで簡単にいえばα7IIIはα7IIよりカメラとして使いやすくなりました。
実際に触ってみると操作性はかなり快適になっています。

画質はわずかに向上していますが、劇的な差はありません。

どっちがオススメといわれたらオススメするのはα7IIIですが、多少不便でも本体を安くしたい場合はα7IIも選択肢にいれられるでしょう。その場合はIIIとの差額で良いレンズを購入するのも一つの手です。

  • オススメはα7III
  • α7IIと良いレンズ(GMレンズなど)を買うのもあり

Q:風景写真をメインで撮っていますが、α7IIIとα7RIIIはどっちがおすすめですか?

  • 使用用途によります
  • 大きくプリント・トリミングが多い人は高画素機のα7RIIIがオススメです
  • それ以外の人はα7IIIがオススメです
  • 個人的にはα7IIIがオススメです

α7IIIがおすすめの人
  • A3サイズのフォトブックを作る
  • A1サイズのプリントをする
  • 小さなトリミングしかしない
  • オートフォーカス撮影を楽しみたい
  • 1回の撮影枚数が多い
α7RIIIがおすすめの人
  • A2サイズの商用ポスターをよく撮る・作る
  • A0サイズのプリントをする
  • 大きくトリミングをすることが多い
  • 建築写真をよく撮る
  • 日本中、世界中の絶景巡りをしたい
  • 1回の撮影枚数が少ない

高画素のメリット2つ
1, 大きく引き伸ばしてプリントできる
2, トリミングできる

1つ目はわかりやすいですが、「大きく引き伸ばしてプリント」ができます。
4000万画素以上あればA0でもプリントできます。
ところが2400万画素でもA1サイズの観賞用写真はプリントできます。フォトブックもA3サイズぐらいまでなら対応可能です。
それでは高画素機のメリット2つ目を紹介します。

プリントサイズは記事中の「6100万 4200万 2400万 1200万画素ってどのくらいの大きさにプリントできる?」の項目で紹介しています

メリット2つ目は「トリミングできる」です。
トリミングすると当然画素数は小さくなりますね。2400万画素を半分トリミングすると1200万画素になりますが、4000万画素は半分にトリミングしてもまだ2000万画素残っています。
つまり、高画素機だと余裕をもった構図で撮影が可能です。

ちなみに風景の話ではありませんが、建築写真はアオリ補正などの都合で大きくトリミングすることもあるので、高画素機が重宝されることがあります。

トリミングはほとんどしない、A1以上のプリントはする予定がないという人は高画素機は不要と感じます。

高画素機のデメリット
ファイルサイズが大きい
ノイズがのりやすい

1つ目のファイルサイズが大きいについてですが

α7IIIのRAW…25MB程度
α7RIIIのRAW…45MB程度

α7IIIに比べてα7RIIIは2倍近くのファイルサイズに違いがあるので、ハードディスクの圧迫スピードが半端ない速さです。

2つ目はノイズがのりやすい

画素数が低く抑えられているカメラよりも、高画素機はノイズがのってしまいやすいです。
そのため、暗いところでは高画素機は不利になりがちです。
三脚を使ってISOを上げなければ解決はできます。

どうしてα7IIIがオススメですか?

  • 全てのカメラユーザーに満足度の高い万能性能を持っているから

通常の人は「撮影して、ディスプレイで鑑賞、SNSに投稿、ごくたまにプリント」という人が多いです。
仕事で使う人も「撮影して、データ処理して、Web上や雑誌に写真提供」という人が多いです。
大型プリントする人や、超大型ディスプレイで写真を表示するような場面ってあんまりないんですよ。

  • 「4240万画素」が必要となる場面がある

と、いうのがα7RIIIを買う理由になります。
それ以外はα7IIIで幸せになれます。

α7III万能説。

また、高感度耐性やオートフォーカス性能はα7IIIのほうが上だったりするので、同じ予算でもα7IIIを買ってα7RIIIとの差額で良いレンズを買ったほうが幸せになれる確率が高いです。

じゃあα7RIIIの魅力ってなんですか?

  • ロマンがあります!!!!!

写真を拡大して、こんな細かいところまで写っている!というのはもうロマンそのものです。
しかも、その細かさを表現したい場合はトリミングすることで可能になります。

また、風景写真・建築写真を仕事で撮影している人は、大型プリント、大型ディスプレイ、ビルボードなど巨大なサイズでプリントすることも少なくありません。
そのような人たちは4240万画素は必要になってきます。

本音をいえば
僕も4240万画素のカメラで日本中・世界中の絶景をバチバチ撮っていたいです。

Q:α7RIVの6100万画素のRAW現像はどのくらいのPCスペックが必要ですか?動画編集は?

下記のスペックを満たすPCは快適にRAW現像できます。
スペックを見てもちょっとよくわからんという人は1つずつ、わかりやすく解説していくので読み進めてください。

  • CPU:第8世代以降のCore i7・Core i9
  • メモリ:16GB以上
  • ストレージ:SSD
  • USB3.0端子:パソコンとカメラを直接つなげるタイプ
  • モニター:カラーマネジメントできる

静止画だけなら6100万画素でもそれほどハイスペックなPCは必要ありません。
動画編集はグラフィックボード搭載のPCが必要となります。

最新のiMac・Macbookproなら快適にRAW現像できる

細かいことは置いておいて、2020年7月現在の最新モデルであるiMacやMacbookproであれば問題なく現像することが可能です。

『余談』2011年のPCでも4000万画素ぐらいの写真ならRAW現像できる
  • Macbookpro 2012 Mid
  • Core i7 2.3Ghz
  • メモリ8GB
  • Mac OS sierra

α7RIIIの4000万画素程度なら問題なく扱えます。

一方で
DJI Phantom 4 proで撮影した4K動画は再生するだけでカクカクします。
悲しいことにα7RIVのデータは開くことができません。

CPU

  • 第8世代以降のCore i7・Core i9が推奨
  • RAWファイルの処理はCPUの処理能力が大きく関わる

RAWファイルの書き出しや現像処理にはCPUの処理能力が大きく関わってきます。
第8世代からのCore i7やCore i9で3.0Ghz以上の処理能力があるなら6100万画素のRAWデータも問題なく処理してくれます。

CPUを選ぶ時にひとつ注意点があります。
Core i7 – 8000とかCore i9 – 8500とかあるのですが、この4桁の数値は下の図の通りです。

数値が大きいほど性能が良いと考えても大丈夫です。
世代が8なら第8世代、9なら第9世代となります。新しい世代ほど性能が良くなります。
グレードは基本的に数値が大きいほど性能が良いです。

これらを元にするとCore i7-9700よりもCore i9-9900のほうが性能が良いことがわかります。

しかしながら、Core i7 – 8700よりCore i5 -10600のほうが性能が良いです。
グレードが下でも新しい世代のCPUのほうが性能が良いということもあるので、CPUを選ぶ時にちょっと注意してもらえるといいです。

これをふまえた上で、6100万画素のRAW現像で使うCPUは
第8世代以降のCore i7・Core i9、つまりは

  • Core i7-8XXX
  • Core i9-8XXX

となっているものを選べば大丈夫です。

メモリ

いわゆるメインメモリと呼ばれています。
パソコン内の処理を行っています。

RAWデータをJPG書き出しする速度に影響が出ます。

書き出す枚数が多くなるほど、その差が開きます。
たとえば16GBと32GBの環境でJPGを書き出した場合、
100枚程度だと10〜20秒の差ですが、3000枚になると10分程度の差が開きます。

たくさん写真を処理する人は多少影響あるかも
デスクトップパソコンなら後からメモリを増やすことができます

6100万画素のRAW現像をするぶんには16GBあれば十分でしょう。
ただし、8GBだとOS(WindowsやMac)やRAW現像ソフトの動作自体が遅くなる可能性があるので注意しましょう。

起動ディスク

SSDにすると、RAW現像の処理速度が大幅に上がります。
パソコンそのものやソフトの起動、ファイルの転送速度も大幅に上がります。
SSDの世界を体感したらハードディスク(HDD)の世界にはもう戻れません。

Macの場合は注文時にハードディスクをSSDにカスタマイズします。
Windowsの場合はCドライブがSSDであればOKです。

恐ろしいほど処理速度が変わります

SSDの容量は250〜500GB程度あれば良いです。
写真の保管ができないのでは?と思われるかもしれませんが、大容量SSDを買うだけで新しいパソコンが買える値段となってしまいます。
そのため、ゲームをたくさんするなど、たくさんの大容量ソフトをインストールしない限りはSSDの容量はそれほど必要ではありません。

基本的に写真のデータは別ドライブのハードディスクか外付けハードディスクに保管することになります。

USB3.0

USB3.0にしましょう。
できればカメラを直接つないでデータを転送できるといいです。
新しくパソコンを買う場合はそれほど意識する項目ではないですが、元からある古いUSBケーブルを使う場合は、USB2.0の可能性があります。

ちなみにUSB2.0だとファイルの転送速度が遅すぎてやばいです 笑

モニター

  • サイズ:21〜27インチがおすすめ
  • 解像度:フルHD(1920×1080)以上がおすすめ
  • パネルタイプ:IPS または ADS
  • 色域:「sRGB対応」がおすすめ
    こだわりのある人は(Adobe RGB対応)がおすすめ
  • キャリブレーション対応

ディスプレイに関しては、めちゃくちゃ長くなりそうなので別記事で「RAW現像におすすめモニターまとめ」のような感じでまとめます。
とりあえずこれらの条件を満たしているモニターを紹介します。

色が正確に出るディスプレイを探そう

色にこだわっているディスプレイは
「sRGB 95%カバー」などといった商品説明でアピールがあります。

最後に紹介している「I-O-DATA LCD-PHQ321XQB」は30インチ以上と大型ですが、高画素機で撮った写真を大画面で眺めるのは爽快感がありますよ。

動画編集する場合はグラボが重要

動画編集もしたい場合は、CPUの処理とともにグラボ(グラフィックボード・ビデオカードと呼ばれる)が重要になってきます。
GeForceやRadeonというのがグラボの名前です。
基本的にはグラボ搭載のデスクトップPCを買いましょう。
ノートパソコンだと、ほとんどの機種のグラボはメインメモリと同じにされてしまうオンボードになってしまいます。

ガレリアXFが4K動画編集に最適
  • 第10世代 Core i7-10700搭載
  • GeForce RTX2070SUPER搭載

強力なCPUと高性能な描写ができるグラボを搭載しているので、RAW現像だけではなく、4K動画編集や3Dゲームも可能です。

価格は2020年7月現在のものです

上で紹介しているディスプレイとの購入がオススメです。
値段もスペックのわりに控えめなのでコスパ良いですよ。

ソニーストアでカメラ・レンズを買うほうが良い理由

My SONY IDに登録すると10%オフ

icon icon

My Sony IDは簡単です。
登録してしまえばアプリで管理もできるので、スマホで管理もらくらくです。

クーポンが使える回数がありますが、ソニーストアで50000円以上の買い物をしていれば何回でも使えるので、カメラかレンズを買えば実質ずっと使える状態になります。

これ、何が良いかって他のソニー製品も10%オフで買えたり、長期保証が無料でつけられるという点です。

ソニー株を保有していると15%オフ

ソニー株を100株持っていると、株主優待として15%オフのクーポンがついてきます。
何を買うかにもよりますが、カメラなどの購入をする場合は利回りとしても純粋に良いので、かなりお得な優待といえるでしょう。

ちなみに僕は1600円のソニー株を買って、2000円ぐらいで売っています。
たしかα7の発売ぐらいの時にこれは伸びると思って買いました。

あれから7年経ちましたが、今は7479円(2020年7月1日現在)です。なぜ当時のソニー株を持ち続けていないのでしょうか。

長期保証ワイドで水没に対応してもらえる

3年〜5年の長期保証ワイドに加入すると、故障以外でも対応してもらえます。

ぶっちゃけカメラ・レンズで多いトラブルって水没なので、これが保証されているだけでかなり安心です。
修理が不可能なら新品交換という対応もしてもらえます。
ただし、新品交換した場合はその時点で、ワイド保証が失効します。

α あんしんプログラムで様々なサービスを割引

αオーナーが入れるαあんしんプログラムに入ると、割引サービスが多いです。

  • レンズ長期保証3年<ワイド>無料/5年<ワイド>50%OFF
  • 清掃・点検サービス最大50%OFF
  • 下取サービス5%増額

長期保証の大幅な割引や、清掃・点検サービスが半額になることがあるのはとてもありがたいです。

清掃は、カメラをよく使っていると結構ほこりとか気になるので定期的にやってもらうことをオススメします。

月々の費用をおさえる残価設定クレジットが便利

よく買い替える人にオススメ!
icon icon

購入して24回払った後に、25回目の支払い時に残っている価格でもって下取りとするか、一括払いして自分のものにするかというのを選択できます。

たとえばα7IIIなら下のような感じです。

月々8100円の支払いを24回やって、25回目で残りの58,000円を全て支払うか、カメラを返却する代わりに58,000を手許に戻すかのいずれかです。
新しいモデルや上位モデルに買い換えたい場合は、下取り価格として使えるので次の購入は安く抑えられます。

レンズキットの場合も同じですね。
月々8800円の支払いを24回やって、25回目で残りの63000円を全て支払うか、支払わずに返却するかです。
ボディのみ返却するという選択もあります。その場合はレンズ相当分は支払います。

スポンサーリンク