こんにちは、Yutoです。
大阪の「中津→天満」を撮り歩いてきたので、写真とともにまとめていきます。
だいたい3kmほどの移動となります。
撮影時期は7月。撮影時間は16:30〜19:20です。

中津では都市風景や阪急の電車、天満では天満市場の提灯や爆焼けを撮ってきました。

大阪ではスナップや都市風景をしている人も多いです。
これから写真を始める人はどのような写真が撮れるのか参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

主な被写体

都市風景

大阪府大阪市 中津 2021/7/27
Sony α7II + FE 24mm F1.4 GM

中津は十三大橋から降りてくる高架道路があるため、やや高い視点から梅田の街並みを見渡すことができます。
高層ビルとの距離も程良いですね。
再開発が進めば、もっと迫力ある高層ビル群を眺められることになりそうです。

阪急

大阪府大阪市 中津 2021/7/27
Sony α7II + FE 24mm F1.4 GM

阪急の線路沿いを歩くと、電車を間近で撮ることができます。
本数が多いのでシャッターチャンスが何回もあるのが嬉しいですね。

商店街

大阪府大阪市 天満 2021/7/27
Sony α7II + FE 24mm F1.4 GM

天満付近の商店街は、レトロな雰囲気が残っています。
夕方になると飲食店のライトがついてきて、飲み屋街らしい雰囲気に包まれます。

提灯

大阪府大阪市 天満 2021/7/27
Sony α7II + FE 24mm F1.4 GM

天満といえば天満市場の提灯が人気です。
インスタグラムでも、ここの写真はたくさん投稿されています。
商店街の一角にあるのですが、迫力満点なのでぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

夕焼け

大阪府大阪市 天満 2021/7/27
Sony α7II + FE 24mm F1.4 GM

運良く夕焼けしたものの、天満は空が広いところが少ないです。
JRは高架線になっており、空を広く見渡すことができるので、急いで行きました。
夕焼けをした時のために、夕焼けスポットをいくつか探しておくと良いです。

散歩撮影で撮れた写真

中津

大阪府大阪市 中津 2021/7/27
Sony α7II + FE 24mm F1.4 GM

中津駅に停車中の阪急を横から撮影。
ちょうどアクセントになりそうな通行人が向いを歩いていたので、真ん中に来るのを待って撮影しました。

大阪府大阪市 中津 2021/7/27
Sony α7II + FE 24mm F1.4 GM

梅田のほうを向いて撮影。
夜景撮影で来るのも良さそうです。

大阪府大阪市 中津 2021/7/27
Sony α7II + FE 24mm F1.4 GM

中津駅の北東のほうを向いて撮影。

大阪府大阪市 中津 2021/7/27
Sony α7II + FE 24mm F1.4 GM

空の色とビルの壁の組み合わせがマッチしていたので撮影。
建物の形も良いですね。

大阪府大阪市 中津 2021/7/27
Sony α7II + FE 24mm F1.4 GM

これは「当てはまる」というテーマで撮影した1枚です。
欄干の隙間、光が入り込んでいる間に人が来るという複数の条件が重なってはじめて撮れます。
日常のワンシーンでありながら、少しレアな瞬間が撮れた時に使うテーマです。

大阪府大阪市 中津 2021/7/27
Sony α7II + FE 24mm F1.4 GM

阪急神戸線はもっとも歩道に近いところを走っていきます。
とりあえず撮影した1枚なので、撮り方を工夫するともっと色々な写真が撮れそうです。

天満

大阪府大阪市 天満 2021/7/27
Sony α7II + FE 24mm F1.4 GM

中津から梅田へ向いて歩いてJR環状線の線路下にたどりついたら、今度は左へ曲がっていきましょう。
高架線沿いを歩いて天満へ向かいます。

注意したいのはJR京都線も高架線になっているので、環状線と間違えて歩いているとまったく違う場所へ行ってしまいます。

大阪府大阪市 天満 2021/7/27
Sony α7II + FE 24mm F1.4 GM

天満の商店街に到着。
梅田はオフィス街ですが、天満は細い路地に小さな建物がごちゃっと密集している感じです。

大阪府大阪市 天満 2021/7/27
Sony α7II + FE 24mm F1.4 GM

コーンのしましまと、建物のしましまの組み合わせがおもしろかったので撮影。

大阪府大阪市 天満 2021/7/27
Sony α7II + FE 24mm F1.4 GMトリミング有

大阪の名物といえるスーパー玉出がありました。
相変わらず外装が輝いてました 笑

大阪府大阪市 天満 2021/7/27
Sony α7II + FE 24mm F1.4 GM

天満は市場があり、飲食店関係の方は仕入れに訪れることも多いのだとか。
そんな天満は豊臣秀吉の時代から開発され、江戸時代には大阪三郷のうちの1つと呼ばれるぐらい栄えた歴史ある街です。

大阪府大阪市 天満 2021/7/27
Sony α7II + FE 24mm F1.4 GM

天井が提灯だらけで写真映えします。
提灯に光が灯っている夕方〜夜がオススメですね。

大阪府大阪市 天満 2021/7/27
Sony α7II + FE 24mm F1.4 GM

スマホ越しの天満市場。
単焦点レンズであれば寄れるわボケるわで、この手の写真が綺麗に撮れます。
実際に撮影した24mm単焦点レンズのレビューを別記事にて紹介しているので、こちらも合わせてお読みください。

 

大阪府大阪市 天満 2021/7/27
Sony α7II + FE 24mm F1.4 GM

日没時間になると、飲食店の光が目立ってきます。
天満はお店の中で食べるというより、外で食べるスタイルなのかな?
屋台に近いイメージです。

大阪府大阪市 天満 2021/7/27
Sony α7II + FE 24mm F1.4 GM

夕焼けしそうな雰囲気だったので、夕焼けが撮れそうな場所を探し回りました。
残念ながらどこへ行っても空が狭いです。駅のホームか扇町公園しかなさそうだったので、駅のホームへと向かいます。

大阪府大阪市 天満 2021/7/27
Sony α7II + FE 24mm F1.4 GM

天満駅のホームで撮影。
見事な爆焼けでした。24mm広角でここまでの夕焼けが撮れる機会は少ないです。
夕焼けと電車を一緒に撮影して、この日の撮影は終了しました。

撮影に使った機材

¥125,882 (2021/09/23 23:00:53時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

中津や天満ははじめて撮影に行きましたが、思いがけず撮れ高が多かったのが驚きです。
中津はまた改めて撮りにくる必要があるかなと。天満は撮影条件としてはかなり良かったですね。
どちらも梅田の隣にあるので、大阪の中でも比較的撮りにいきやすい場所です。

オンラインで写真教室やっています