スポンサーリンク

こんにちは、Yutoです。

伊勢神宮全国奉納花火大会(宮川の花火)を撮ってきました。
2016年撮影なので、ちょっと古い写真になってきましたが参考になればと思います。

伊勢神宮全国奉納花火大会は文字通り、伊勢神宮に花火を奉納する目的で行われる花火大会で、競技花火大会となっており、全国の煙火店が花火を打ち上げて競い合う大会です。

競技大会は、1つ1つの花火の色や形がとても綺麗なのが良いですね!

令和改元記念第67回伊勢神宮奉納全国花火大会の概要

2019年7月13日(土)19:15~21:00
三重県伊勢市 宮川沿い(度会橋の南)

単発花火が撮りやすい

伊勢神宮奉納花火大会 三重県伊勢市
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

競技花火のため、決まった形式で打ち上げられます。
花火もしっかり開き切ってから次の花火が打ち上げられるので、写真が撮りやすいです。

伊勢神宮奉納花火大会 三重県伊勢市
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

花火のことをよく知っている人であれば、花火を見ればどこの煙火店が作った花火か、どこの煙火店の花火が撮影に向いているか、よく知っています。

伊勢神宮奉納花火大会 三重県伊勢市
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

基本的に単発花火は5号玉3発、10号玉1発で打ち上げられます。
そのため、10号玉に合わせて構図を作ると良いでしょう。

伊勢神宮奉納花火大会 三重県伊勢市
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

煙火店によって全然雰囲気が変わるので、好みの花火が上げた煙火店は覚えておくと良いでしょう。

伊勢神宮奉納花火大会 三重県伊勢市
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

花火が上がっていく時も線を描きながら上がっていくもの、描かずに上がっていくもの、途中で火花を散らしながら上がっていくものなど、様々です。

伊勢神宮奉納花火大会 三重県伊勢市
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

このような明るい花火は色をはっきり出しやすいです。
単発花火でも花火の種類によって明るさが変わります。

伊勢神宮奉納花火大会 三重県伊勢市
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

ちなみに2018年の打ち上げ花火の部の結果は以下の通りです。

  1. 齊木煙火本店
  2. 北日本花火興業
  3. 本家神田煙火工業

スターマインが圧巻

伊勢神宮奉納花火大会 三重県伊勢市
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

スターマインの上がるタイミングは花火プログラムを参照してください。
2019年は令和に変わった改元記念のスターマインがあるそうです。そのためいつもと違う可能性が高いです。お見逃しなく。

伊勢神宮奉納花火大会 三重県伊勢市
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

2016年の時は単発花火と打ち上がる場所が違っていて、単発花火の対岸で上げられていました。

2018年のスターマインの部の結果は以下の通りでした。

  1. 髙木煙火
  2. 伊那火工堀内煙火店
  3. マルゴー

会場で撮ってどうだったか

単発花火は撮りやすくて良かったです。会場アナウンスもよく聞こえるので、次にどこの煙火店がどんな花火を上げるのかという解説も聞き取りやすかったですね。
スターマインはちょっと撮影する場所としては会場は向いてないのかなというのが個人的な印象でした。
もう少し高いところから撮りたかったです。
近くには伊勢三郷山があって、ちょっと高いところから花火を撮ることができます。

次はちょっとロケーションを変えて撮ろうと思ってます。

それでは、また。

この記事を読んでいる人におすすめの花火関連記事

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事