こんにちは、Yutoです。

2019年7月16日23時にSONYがミラーレス一眼のα7シリーズで新型カメラを発表しました。
発売開始日は2019年9月6日です。

スポンサーリンク

α7RIVのスペックに関して

α7RIVのイメージムービーや詳細スペックはこちら。

もっと詳しく見たい場合は公式サイトにて。

スポンサーリンク

α7RIVの特徴

風景写真に対しては無敵

画素数が6100万画素と大きい

6100万画素ですって!
かなり細かいところまで描写されそうです。
画面いっぱいに広がる高画素を活かした写真は迫力がありそうですね。

と、同時にトリミング耐性もかなり高そうです。
僕は2400万画素のカメラを使っていますが、それでもトリミングをそこそこの頻度で行ったりしています。6100万画素ならトリミングしても2400万画素以上のデータが残ってそう。

デメリットはデータ容量が大きくなることでしょう。
4000万画素で1枚で50〜100MBぐらいだったので6000万画素だと100MB〜150MBぐらいになるかもしれません。

ダイナミックレンジが広い

15EVはかなり広いです。
もはやダイナミックレンジの暴力です。
RAW撮影であれば、撮影時の露出ミスがちょっとぐらいあってもなんとも感じないレベルでしょう。

ピクセルシフトマルチ撮影をすれば2億4千万画素の撮影をすることも可能

なんぞそれ?という方は↓のページにて詳しく解説されています。

https://support.d-imaging.sony.co.jp/app/imagingedge/ja/instruction/1_2_about_psm.php

瞳AFは人間も動物も認識 動画も対応

これはα7RIIIにもついていますが、とにかく便利です。
瞳AFがついていないカメラの方はぜひ試してみてください。瞳にフォーカスを合わせられるのってこんなに幸せなのかと思います 笑

動画も瞳AFに対応したということなので、動画作品を撮られる方はものすごく便利だと思います!

ボディ

防塵防滴性能の向上

防塵防滴性能の向上がされたそうです。
より過酷な風景写真でも撮影が期待されそうです。

グリップのホールドがしやすくなった

グリップの指をひっかける場所が深くなったので、これまでより握りやすくなったと言われています。
これは触ってみないとわからないのですが、α7RIVの画像を見るとたしかに深くなっているので今までより持ちやすくなっているでしょう。

どんな人に向いているか

  • 精細な風景写真を撮りたい
  • トリミングを前提とした撮影を行いたい

これらの要素がある人向けのカメラのように感じました。

ただし、画素数が大きくなっているため、先にPCや外付けHDDの整備を先に済ませたほうが良いでしょう。特に今のPCでもっさり感を少しでも感じている場合は、PCを買い換えないとさらにもっさりして写真取り込み後のストレスが大きくなると思います。

α7RIVを使うなら高解像度のGMレンズが欲しい

6000万画素を超える超高画素機なので、レンズも解像度の高いものが欲しいです。
最近、GMレンズを手にいれて使ってみたのですが、これまで使っていたGレンズ(ズーム)とは解像度が変わりました。
特に写真の四隅の周辺部分といわれるところの解像が違うなぁと感じました。

自然風景を撮影するなら

  • FE 16-35mm F2.8 GM
  • FE 24-70mm F2.8 GM

あたりがオススメです。

描写力は単焦点レンズのほうがさらに上になりますが、自然風景となると単焦点では構図をカバーできない部分が出てきますので、ズームレンズでシャッターチャンスを逃さないことが最優先事項かなぁと考えます。

その他ソニーのレンズ一覧(Eマウント)はこちらです。

値段と発売日

2019年9月6日に発売開始。

値段は399,000円 + 税です。
一括払いがキツイと感じられる方は残価設定クレジットで購入するとちょっと負担をおさえることができます。

残価クレジット設定は残クレ設定といわれており、24回の分割払いをして25回目に残りの価格を一気に支払って買取か、払わずに下取りに出すという購入方法です。
単純に残クレをした場合だとα7RIVでは月々12200円の支払いになる計算でされています。

詳しくはSONYの残価設定クレジットのページをご参照ください。

さて一方でちょっと期待しているのはα7IVの発売はいつかな?ということです。
そろそろα7RIVが発売されてから半年経つので何かしらあるのではないかと。
その前にα7SIIIが来そうな感じもありますが 笑

α7RIIIの正常進化

α7RIVはα7RIIIの正常進化だという評価です。
スペックもそんな感じですね。

後は、実機で触ってみてメニューの操作がしやすいとか、持った感じの重量感とか、レンズの付け外しがしやすいとか、そういったところが重要になりますね。
店頭で触ってきましたが、個人的には使いやすかったです。

αシリーズは第二世代から第三世代にかけてこのあたりが大きく改善されたので、第四世代も今までよりさらによくなっていくと良いなぁと感じています。

それでは、また。

合わせて読みたい

スポンサーリンク