スポンサーリンク

トロピコ6(Tropico6)」は2019年9月27日に発売されました。
PC(Steam), PS4, Xbox One 向けの箱庭型シミュレーションゲームです。

トロピコシリーズの第6作目です。
シリーズとしては結構長いタイトルですね。

カリブ海に浮かぶ島国「トロピコ」を経営するゲームです。
植民地として支配されている時代から始まり、世界大戦や冷戦時代をくぐりぬけて現代へとたどり着きます。
プレイヤー(プレジデンテ)は独裁者として建物を建てたり、憲法の制定や選挙活動をして島の繁栄を目指します。時には賄賂を贈ったり監禁したりと、独裁者ならではのこともできます。

これは公式のトレーラー動画ですが、何気にゲームの流れや、街づくりの注意点をおもしろおかしく紹介してくれています。

物流のこととか、娯楽施設のこととか、ノーヒントだとわかりにくいので、こういった動画があるのはありがたいですね。

このサイトでも攻略記事として街づくりのコツを紹介しているので、どうすれば良いのかと迷った時はご参照ください。

ハード / 発売日PC(Steam): 2019年3月29日(金)
PS4, Xbox One: 2019年9月27日(金)
開発元カリプソ・メディア(ドイツ)
ジャンル都市育成シミュレーション
プレイ人数1~4人(オンライン対応)

独裁者としてトロピコに自分だけのオリジナル都市を作っていきます。
シティーズ(Cities)シリーズと似たシステムのゲームです。ザ シムズ(The Sims)シリーズも近いかな。
感覚としては両者のちょうど間ぐらいのゲームです。

トロピコ6の特徴は建物を建てたり、市民の声を聞いたりするだけではなく、外交や選挙活動、反体制派の対策など政治要素が強いことも行えます。
憲法の改正や布告などといったこともできるので、本当に国家を運営しているようで楽しいですね。

僕はトロピコ6がシリーズ初プレイとなりますので、実体験はしていないのですが、前作に比べると大幅にグラフィックが進化しているそうです。
これは比較していなくてもグラフィックが綺麗ということは感じたので素直に良い点です!

良いところ

飽きがこない 時代の移り変わりや多種多様なマップがある

植民地時代・世界大戦時代・冷戦時代・現代と4つの時代が用意されています。
何もない土地に農園や小屋を建てて産業を発達させ、工業化による大量生産がもたらす富と大気汚染に悩まされた後に、宇宙開発まで乗り出すことができた時の達成感が気持ち良いです。
このように各時代によって産業や要求が違ってくるので、飽きがこず長い時間遊べるゲームです。

さらにキャンペーンモードやマップの特性が豊富に用意されているので、かなりの時間遊び込むことができるでしょう。
トロピコ6は登場キャラクターの独特の言い回しが面白いです。そういった要素もあるので、ゲームを進めること以外でも色々な楽しみ方があります。

楽園にするか地獄にするかはプレジデンテのやり方次第

独裁…というと聞こえは良くないかもしれませんが、独裁のやり方によってはトロピコは楽園にもなりますし、地獄にもなります。

市民たちは適度に働きながら自由を謳歌しているのか、厳しい管理のもとで延々働かせ続けられるのか、プレジデンテの政策次第です。選挙制度も全市民が投票できる全市民投票制か、プレジデンテに必ず票が集まって必ず当選するものの反体制勢力が増える公開投票選挙にすることができます。

反対派の要求をしっかり聞くのか、武力で抑圧するのかもプレジデンテ次第です!
様々なやり方を楽しんでみてください。

憲法・布告(法令)・演説の政治要素がうまく機能している

都市育成シミュレーションなので、このあたりの政治的要素はおまけに近い感じかと思っていたのですが、実はがっつりメイン要素となっています。

憲法の内容によってトロピコの仕組みがかなり変わります。
布告もわりと大きな影響力を及ぼすので、状況によって使い分けていきましょう。

その他にもインフラの拡張、敵国の妨害、反抗的な思想集団の統制、略奪など、国家運営らしいことがたくさんできます。布告と合わせて行うとリアル感が増して面白さ倍増です。

世界中のランドマークを建てることができる

トロピコ6ではコロッセウムやエッフェル塔、自由の女神など世界中のランドマークを建てることができます。日本からは彦根城が登場!

他国からランドマークを盗んでくるというミッションをこなすとランドマークを建てることができるようになります。
0から建てるわけではなく、すでに出来上がっているものを盗んでくるというのがユニークですね 笑

悪いところ

輸送のルートなど細かい管理がわかりにくい

輸送ルートが悪いと生産効率が上がらないのですが、そのルートがどういう状況になっているのかとか把握は難しいです。

ただし、基本的には自動的に効率化されている輸送ルートに任せておけば問題はないです。
細かいところまで全て思う通りにしたい時はちょっと歯がゆさを感じるかもしれません。

個人的経験など不明確な要素がある

選挙では国民の個人的経験という要素がありますが、果たしてそれがどう影響してくるのかがわかりにくいです。(チュートリアルで説明されてたらすいません)

都市が大きくなると処理が重たくなって落ちる

トロピコ6の最大の問題です。
グラフィックや要素が多くて楽しいことが最大の利点なのですが、恐らくそれが最大の欠点を生み出しているという皮肉なことに…。

PS4の初期型では1500人ぐらいの規模になると、ゲームが重たくなり処理落ちすることが多いです。
これについては今後アップデートやパッチなどで何らかの対策がとられると思います。
個人的にはPS4proが出ているので、今後もグラフィックが綺麗なゲームを買い続けるならそっちへの乗り換えも視野に入れたほうがいいのかなという気はします。

総合評価 めっちゃ楽しいです

元々、トロピコシリーズはずっとやりたいと思っていたので、新作の発売に合わせて買いましたが、とても楽しんでプレイできています。

都市育成シミュレーションゲームは好きなジャンルなのですが、そこに政治的要素が濃く絡んできているのが新鮮でした。
同じ都市育成シミュレーションゲームのシティーズスカイラインや戦略ストラテジーゲームであるシヴィライゼーションが好きな人はトロピコシリーズも楽しめるんじゃないかなと思います。

大きな不満はそれほどなく、基本的にストレスフリーで楽しんでいます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事