スポンサーリンク

資金の稼ぎ方

基本は交易と襲撃で稼ぐ

トロピコ6の資金の稼ぎ方は基本的に2つの方法で稼ぎます。

  • 交易
  • 襲撃

レートが高くて作りやすいものをメインで取り扱うと良いでしょう。

物資の流通を効率良く行うとスムーズに交易ができます。
農園地帯・工業地帯それぞれの近くにトラック運転事務所を建てると良いでしょう。

もう1つは襲撃で稼ぎます。
具体的には海賊の入り江を建てて宝探しを行います。繰り返して行うことで資金だけでなく設計書や襲撃ポイントなど様々なものが手に入ります。

交易:時代ごとにオススメの輸出品

交易は自国で生産しているものを輸出します。
材料を輸入して加工して製品を輸出するいわゆる加工貿易は、基本的に資源があるトロピコでは効率が良くないのでオススメしません。

赤矢印のアイコンが輸出・緑矢印のアイコンが輸入です。
また、植民地時代など交易が完了できないと、ゲームが詰む可能性がある時があります。
取引量を多くしすぎると交易ルートの完了ができなくなるので、注意しましょう。

ここからは時代ごとにオススメの輸出品を紹介します。

植民地時代:ラム酒・金を輸出

植民地時代にダントツでレートが高いのはラム酒と金です。
ラム酒は砂糖を加工するだけで良いですし、金は掘ったらそのまま輸出できます。

世界大戦時代:船・葉巻を輸出

船は植民地時代・世界大戦時代・冷戦時代・現代の全てを通して最もレートの高い物資です。
船は造船所で板材を材料に製造することができます。
ただし、造船所の従業員は高卒である必要があるので、世界大戦時代になったら高校を早く建てておきましょう。

冷戦時代:家具・宝飾品を輸出

家具は板材を加工して製造できます。船と同じ板材が材料なので展開しやすいです。
さらにレートも高いので、家具は良い物資です。
宝飾品は金を加工して製造できます。レートも高く製造しやすいので輸出にオススメです。

現代:ジュース・洋服を輸出

ジュースはバナナまたはパイナップルを加工して製造します。
洋服は布または革を加工して製造します。

医薬品は石油を加工するだけなので、輸出をするために加工するのはアリなのですが、材料になる石油は発電にも使用するのと、製薬会社は飲料メーカーやアパレル企業に比べると汚染が多くなるので、あまり選択肢としてとることはないです。
電子部品は材料が2ついるので手間がかかるのでオススメしていません。

交易のちょっとしたコツ

全ての交易ルートは解放しておく

植民地時代に全ての交易ルートを解放しておくと、次からの時代でスムーズに進めることができます。
キャンペーンやカスタマイズによっては植民地時代より先の時代からスタートすることもありますが、その時も交易ルートの解放は早めに行いましょう。

世界大戦時代は船と葉巻を輸出するので、原料となる丸太(伐採所)やタバコ(農園)を建てておいて準備しておくと良いでしょう。丸太は製材所で板材に加工して先に輸出しておくのも良いでしょう。

農園の劣化を防ぐ

輸出品を作るために、材料となる資源を生産するために農園を建てますが、農園は時間とともに効率が低下していきます。

影響を受けやすいのはラム酒と葉巻ですね。

ワークモードを「多様文化」にすると効率が40%低下しますが、劣化はなくなります。しかも農園の範囲内に別の作物を育てる農園がある場合は1つにつき10%効率が上がります。
つまり4種類の農園をうまく範囲内に建てて組み合わせれば劣化させずに生産ができるわけです。

  • 砂糖・タバコ・パイナップル・トウモロコシまたはバナナ

これらの作物がオススメです。
トウモロコシ以外はそれぞれの時代でオススメな交易品の材料となる作物なので、これらの農園を建てていくと良いでしょう。トウモロコシなど食糧となる作物は地元で消費を行えば幸福度を上げるために役立ちます。

現代になれば水耕農園を建設することができます。
水耕農園は電力を消費しますが、場所を問わず効率が100%となり劣化もしません。

幸福度の上げ方

幸福度とは

カリブの幸福とは

トロピコ以外のカリブ諸国の幸福度です。

トロピコの幸福度がカリブの幸福度より高いと、トロピコへ移住してくる人が増えます。
反対にトロピコの幸福度がカリブの幸福度より低いと、トロピコから出ていく人が増えてしまいます。
カリブの幸福は時代が進むごとに上がります。
特殊部隊駐屯地の襲撃によりカリブの幸福を一時的に低下させることができます。

種類別幸福度の上げ方

総幸福度

全ての幸福度の平均値です。
それぞれの幸福度を上げるほど高くなります。一番低い幸福度から順に上げていくと上げやすいです。

食糧に関する幸福度

トウモロコシ・バナナ・パイナップル・ココナツ・肉・ミルク・魚などを生産し、市民に供給すると幸福度が上がります。
生産施設では「地元での消費を許可」にチェックを入れます。そのうえで食糧雑貨店やショッピングモール、ファーストフード店を住居の近くに建設すると、それらの施設からも食糧が供給できるようになります。

食糧に関する幸福度が低すぎると餓死の可能性が出てきます。

医療に関する幸福度

「病院・診療所・教会・大聖堂」など医療施設を住居の近くに建設します。
麻酔状態のサービスを実施するのも効果が上がります。
訪問者が多すぎる場合は診療所のアップグレード「現代的な診断」病院のアップグレード「入院病棟」を行い訪問者の枠を増やしましょう。
それでも足らない場合は追加で医療施設を建設しましょう。

医療に関する幸福度が低すぎると病死の可能性が出てきます。

楽しみに関する幸福度

「酒場・植物園・サーカス・アーケード・劇場」など娯楽施設を建設します。
それぞれの施設にあるアップグレードでサービスの質を向上させると効果が増えます。

楽しみに関する幸福度が低すぎると市民の意欲がなくなり行動が遅くなります。

信仰に関する幸福度

「礼拝所・教会・大聖堂」など宗教施設を住居の近くに建設します。
予算を増やすことで効果を増すことができます。

信仰に関する幸福度が低すぎると市民が子供を作らなくなり人口の減少につながります。

住居に関する幸福度

住居の質が幸福度に影響しますが、まずはじめにホームレスを減らしましょう。
極貧や貧困の市民は質の良い住居に住むことができません。

ホームレスが多い場合は「マンション」がオススメですが、貧困のホームレスが多い場合は「アパート」がオススメです。
「宿泊施設」を建てワークモードを「高く積み上げろ」にすると極貧の市民でも住むことができます。
ところで、富豪のホームレスがたまにいるんですがどういう状況なんでしょう 笑

職場の近くに家がない、家賃を払う余裕がない市民はバラックを建てて生活します。

仕事に関する幸福度

職業の質で幸福度が決まります。

教育レベルの高い職業が必要?
仕事を失った市民は犯罪を起こしやすくなります。

自由に関する幸福度

住居の近くや職場の近くに市民が休める「新聞社・ラジオ局・テレビ局」などを建設して自由度を上げます。
反対に見張り塔や検問所などを建設すると周辺の自由度が下がります。

自由に関する幸福度が低いと、反体制派になる可能性が高まります。

治安に関する幸福度

「警察署・検問所」など治安を上げる施設を建設します。
住居や職場の近くの治安が良いと幸福度が上がります。

治安に関する幸福度が低いと犯罪者が増えます。

観光に関する幸福度

「宿泊施設・娯楽施設」が観光客の幸福度に影響します。
質の高い観光施設を建設することで、観光に関する幸福度が上がります。

選挙の勝ち方

支持率の考え方

派閥との関係性

それぞれのパターンでどれを選べば得策となるか例をまとめました。

■資本主義者300人(悪い)共産主義者100人(悪い)
資本主義者に対する良い政策を行うほうが得策です。
この場合は人数が多いほうを良好にすると良いです。

■資本主義者300人(悪い)共産主義者100人(良好)
資本主義者に対する良い政策を行うほうが得です。
この場合は共産主義者に対して良い政策を執り行ったほうが良いのかと考えてしまいますが、関係性の悪い資本主義者との関係性を修復したほうが良いです。元々の支持者はそのままにしておいて支持をしていない派閥の取り込みを行います。
また、人が多いという点でも資本主義者の取り込みをしたほうが良いでしょう。

支持率を上げる方法

  • 布告「減税」を使う
  • 派閥からの要求の報酬として支持率を上げる
  • ブローカーのオファー
  • 演説の公約を果たす

選挙の直前に減税を使うと支持率が大幅にアップします。
選挙前に支持率を上げる方法としてもっとも有効な手段です。

派閥からの要求をこなすと、報酬として支持を得られることがあります。

ブローカーのオファーとして派閥からの支持率を上げるものがあります。

選挙後に、公約を果たすクエストが発生します。
そのクエストのはたすと支持率が大きく上がります。

演説

演説の内容

■○○の問題を認める
認めた問題に関して不満を持っていた有権者の支持が改善されます。
幸福度が低いものを選ぶと良いです。

■派閥を褒める
どれかの派閥を褒めて、一時的な支持を上げます。
できるだけ人数の多い派閥を褒めるのが良いです。

■超大国を非難する
どれかの超大国を非難して、有権者からの支持を上げます。
ただし非難した超大国との関係は下がります。

■公約をする
どれかの幸福度を上げることを約束します。
浮動票が入りやすくなります。
選挙後に実際に公約をするクエストが出てきます。公約をしないという選択肢もあります。

支持率が高ければ超大国の非難・改善する公約をする必要はない

支持率が50%を超えていれば選挙では必ず勝てますので、超大国の非難や改善する公約をする必要はありません。

実際にプレイしていた感覚だと支持率が30%を超えていれば選挙で負けることはないですね。
支持30% 中立55% 反体制15%ぐらいの割合であれば選挙に勝てます。

どうしても負けそうな場合は「戒厳令」で乗り切る

支持率が低く、選挙で負けそうな場合は布告「戒厳令」で選挙を取り消してしまいましょう。
ただし、自由が35減少・市民が反逆者になる可能性が15上昇・観光評価30%低下・軍国主義者の支持が30増加・他の派閥が15低下…と、デメリットが多いので最後の切り札として使いましょう。

不正投票

選挙の直前にぺヌルティーモが不正投票の提案をしてきます。
承諾すると票数がわずかに増えます。僅差で負けるかもという時に使えますが、市民の個人の経験が低下します。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事